きっかけは個人的な〝夢〟
幅広い知識と経験が得られる環境が魅力

わたしは大学で建築関係の勉強をしていました。色々な企業の説明会へ参加し、自己分析を行う中で、最終的に「理想のマイホームを建てたい」という夢を持つに至り、多くの工務店様と取り引きをしている弊社へ入社しました。現在の仕事は、行政が行っている長期優良住宅などの補助事業に関する事務局として、主に営業支援を行っています。瑕疵や火災などの保険関係や法律、建築に関する技術的なセミナーなどの開催、西日本最大級の住宅イベント「住まい夢フェア」の運営などにも携わっています。また、工務店様のバックアップなども部署としての大切な業務。ここでは図面を見る機会もあり、さまざまなことを勉強させてもらっています。

やりがいは内にも外にも
人と人とをつなげる喜び

「住まい夢フェア」などのイベントを企画する際には、工務店様やメーカー様のブースをどのようにレイアウトすれば、一般のお客様にそれぞれを余すことなく見てもらえるのかを常に考えています。工務店様は固めて配置した方が良いのか、キッチンや資材もバラバラに配置するのではなく、それぞれに集めたほうが良いのか…そういった会場レイアウトひとつで人と人とをつなげることができます。互いに良い人に出会い、良い家が建ち、それを喜んでもらえたときに一番のやりがいを感じますね。また、将来的に一級建築士の資格取得を考えているので、事務局の仕事を通して知識が増えていくこと、変化の激しい住宅や建築関係の法律についての勉強が業務の中でできることも、自分にとってはやりがいのひとつです。

誠実に、より丁寧に
顔の見えない相手のことを考えて

わたしは主に営業スタッフが持って行く資料の準備などの営業支援を行っているため、普段の仕事ではあまり社外へ出ることがありません。そのため工務店の方々と直接顔を合わせることはほとんど無く、多くは電話のみのやりとりになります。電話では相手の顔を見ることができないため、慣れるまでは叱責を受けることもありました。しかし、相手の顔が見えないからこそ、より丁寧に資料制作やアイデア提案に臨むようになるにつれて、その誠意が伝わったのか「ありがとう」という言葉をいただく機会が増えました。いまでは、自分がこの仕事に携わることができて非常に満足しています。

自分の想いや意見を
遠慮なく発信できる環境

社風に惹かれて弊社に入社しましたが、他の会社で聞くような理想と現実のギャップはなかったですね。むしろ、期待していた以上の環境でした。将来的に設計をやりたいという気持ちがある中で、その勉強をできる環境があり、また会社もその気持ちを全面的にバックアップしてくれています。わたしは大学時代から設計に携わっているので、いつかは自分で図面を引いてみたいという夢があります。そういう想いを自分から発信すれば、そこに応えてくれる会社に感謝しています。新人であっても意見が言いやすく、それを受け入れてもらえる環境があるのは嬉しいことです。

全ての行動に〝理由づけ〟を行うことで
人としても成長できる

学生時代のわたしは、あまりよく考えず感覚で行動していました。しかし弊社では行動に対する〝理由づけ〟を重視しています。相手を納得させるためには、そこに何らかの理由がなくてはいけません。現場の工務店様や委託している設計士さん、もちろんお客様に対しても、ひとつの事柄を行うのに〝明確な理由〟がなければ良い関係性を持つことは難しいでしょう。このことは、日々の業務の中で常に意識しながら取り組んでいますね。いまでは相手から納得していただけることも徐々に増え、仕事をしていく中で自分が成長できているのかな、と感じられるようになりました。

とある一日のタイムスケジュール

  • 7:30
    出社
  • 7:45
    朝礼
  • 8:00
    メール・FAXの処理
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    支援サポートの処理、補助事業の書類作成、発送処理、電話対応
  • 18:00
    退社